boutonniere-2160398_640

ブログ, 私たち夫婦の婚活ストーリー.

夫は職場に出会いもなく、このままではいけないと一念発起して大手の相談所へ入会。

1年後には結婚して幸せな新婚生活を送っているに違いない!と本人曰く

「甘い夢を見ていたよね・・・」(遠い目)

という彼の思惑とはうらはらに、活動は思うようにはいきませんでした。

 

 

1か所目の相談所は大都市にある相談所。

プロフィールの閲覧はもちろんのこと、お見合いの申し込み・申し受けもオフィスに行かなければできません。

お見合いのセッティングだけで1か月かかってしまう場合もあり、徐々に疲れが蓄積していったといいます。

また相談所の方とお話しするのは更新時のみ、特にアドバイスもなかったので契約更新はせずに次を探すことにしました。

 

 

2か所目は近所の相談所にしました。

こちらもプロフィールの閲覧やお見合いの申し込みはオフィスへ行きます。

ある日彼がプロフィールの閲覧へ伺うと、なんとお見合いがうまくいかなかったお相手と鉢合わせに。

何をするにもオフィスへ行かなければ手続きできないのが苦痛になり、契約更新はせず次を探すことにしました。

 

 

3か所目の相談所は知人の紹介で入会し、彼はここで初めて日本結婚相談所連盟(IBJ)のシステムを利用しました。

ネット上でシステムが利用でき、プロフィールの閲覧から申し込み・申し込まれまですべてがシステム上で完結する快適さと使い勝手の良さにこんなに便利なシステムがあったのだ・・・!と感動したそうです。

しかし担当カウンセラーとそりが合わず契約更新はせず次を探すことにしました。

 

そうして3か所での活動を踏まえて、次こそは最後のつもりで慎重に選ばなければならないと思い

 

1.自宅近く

2.会員数が多い

3.ネットでシステム利用ができる

 

上記3つを満たしているのはIBJに加盟している相談所だと思い、探して入会することにしました。

決め手はHPに大げさなことを書いておらず、幅広い年齢層を受け入れてくださっている相談所だったのでここならば自分のことも受け入れてくれるのではないかとも思ったのだそうです。

今までは相談所との相性が合わなかったとはいえ、さすがに4か所目ともなると相談所側から敬遠されるのではないかと思ったのだとも。

実際、こちらの相談所は彼に合っていたようで、4か所目だと正直に打ち明けても、穏やかで温和な先生が

 

「好みの方から申し込んでいけば良いと思いますよ。

まずはじっくりと腰を据えて活動されたらいかがでしょうか」

 

と言ってくださり、さすがにこの先生にはご迷惑をおかけするわけにはいかない・・・!と彼は思ったそうです。

交際中もフォローはポイントのみで、適切なタイミングでアドバイスがあり、必要以上にかまわれず、かと言って放っておかれるわけでもなく、応援しますよ!とあたたかく見守ってくださるのがよかったと。

ようやく、自分にぴったり合う相談所を見つけたと思ったのだそうです。

 

その2につづく。

 

contact us

 

 

 

 

 

 

 

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrTweet about this on Twitter

Comments are closed.