girls-548815_640

ブログ, 婚活アドバイス.

婚活8年、お見合い3ヵ月で結婚した私。

⇒詳しいいきさつは「WEDDING STORY」参照

20代の頃、お見合いパーティーによく行っていた私はある出来事を境に

パーティーに行くのをぱったりとやめました。

 

当時私は29歳。

ギリギリ20代のうちになんとかしたいととにかく焦っていました。

 

パーティーにはそれぞれ年齢層が設定されているのですが、この時は女性は

18~29歳ぐらいまでの年齢層の比較的若いパーティーでした。

そもそも、これがミスチョイスで、婚活をはじめた26の頃ならばともかく、

29になったら確実に参加者最年長です。

 

それまでパーティーに出れば人気ナンバー1でしたが、このときは違いました。

明らかに私の年齢を聞くと男性のテンションが下がる。

そして、私の隣に座った女の子が全男性の人気独占で猛烈にもてまくっていました。

待ち時間に話しているうちに仲良くなり、年齢をきくと

 

なんと19歳!!

 

そりゃあ、もてるよね・・・可愛いし、若いしさ・・・。

あきらかに、私と話しているときよりノリノリの男性陣のわかりやすすぎる

リアクションに本気で凹みましたよ。

あーあ、結局若い子がいいってことかよー、と。

そしてパーティー後、彼女とごはんを食べに行きました。

 

話を聞けば、彼女・・・。

 

もう社会人の彼女には、実は彼氏がいるけれどまだ学生なので頼りない。

将来のことを考えたら、真面目に結婚を考えられる相手を探した方がいのではないか・・・?

って、そう思って参加したっていうんですよ!

19歳でこのしっかり考え!!

 

私の19の頃なんて、彼女と比べたらもうただのアホ大学生でしたよ。

29にもなって、何やってんだよ私・・・。

サンドバッグよろしくぼこぼこに打ちのめされ、本気で落ち込みながら帰りました。

 

そもそも、パーティー業者の主催するカップリングパーティーは、恋愛から始める人向け。

少し時間をかけてでもじっくり将来を考えられる相手を探したい19歳の彼女と、

結婚したくて焦りを感じている29歳の私が、同じ土俵に立っても勝ち目はない。

そう思い、これを機にパーティーに行くのはすぱっとやめました。

 

このパーティーのときに味わった29歳の絶望のおかげで、以降私は自分が

若いとかまだ若いからいけるとか一切思わなくなりました。

自分ではまだ若いと思っていた29歳は、市場を変えたら最高齢となりまったく

相手にもされない、ということがわかってしまったからです。

活動する市場を変えなければならない、ということもわかりました。

 

年齢を重ねても若いころの気分のままで居続けると、心とはうらはらに現実的な

条件はどんどん厳しくなります。

1日も早く若いうちに活動した方が婚活を有利にすすめられるのもまた、事実なんですよ。

 

※この話は業者主催のカップリングパーティーの話です。

結婚相談所の連盟主催のパーティーは真面目に結婚相手を探していらっしゃる方しか参加できません。

 

厳しい現実を29歳で知っておいてよかったのかもしれません。

34歳で結婚相談所に入会したときはもう私には時間がない、背水の陣のつもりで

1人1人と真剣に向き合わなければ・・・!と思っていましたから。

とはいえ、お見合いから必死だと怖いのでにこにこ笑顔でいましたけれども。

婚活は背水の陣だった、そんな私があなたの婚活お手伝いいたします。

 

contact us

 

It's only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrTweet about this on Twitter

Comments are closed.